2016年旧満州のあった現在の中国東北部への7泊8日の弾丸旅行の全貌を公開しています

2016年 満州旅行

manshu

2016年4月下旬、寒さも和らいできた頃、旧満州の土地へ足を踏み入れるべく中国東北部へと向かいました。大連~丹東~瀋陽~長春~ハルビン7泊8日で周ってきた個人旅行記です。
男の二人旅でも疲労を隠せない大変な旅行でした。そこで得た現在の各地の情報満州関連の施設中国ならではのルールなどをご紹介しておりますので、中国東北部への旅行の手引きとなっていただければ幸いです。

旧満州(中国東北部)旅行の目次

旅のしおり

・中国東北部への旅行の準備

旅行の事前準備 <予算編>

旅行の事前準備 <持ち物編>

ブックマークしておくべきWEBサイト

満州旅行に欠かせないガイドブック!


<1日目>

成田空港から大連周水子国際空港へ!搭乗手続きや搭乗時間について
【旅順観光】空港から大連市外へ行く前に少しだけ。行き方に戸惑う・・・

<2日目>

【丹東観光】新しい高速鉄道のおかげで大連~丹東~瀋陽を一日で行く!

<3日目>

【撫順観光】雷峰号バスで11元!しかし瀋陽から時間は結構かかります・・・

<4日目>

【瀋陽観光】人気の必見スポットを一日で駆け巡る!その日に長春へ移動

<5日目>

【長春観光】満州の首都・新京はピリついた雰囲気!共産党の建物が多い
長春からハルビンまで高速鉄道で1時間!途中、奇跡の絶景スポットも!

<6日目>

【ハルビン観光】人気スポットを一日で駆け巡る!ツアーよりも充実?

<7日目>

ハルビンから大連へ!哈大高速鉄道であっという間の4時間ちょっと!

<8日目>

大連から成田空港へ やっぱり日本人へのお土産は空港で買うのが一番!

 

当サイトにつきまして

rikou

私が満州のあった中国東北部に興味を持った理由は、ミュージカルの李香蘭がきっかけです。

⇒ ミュージカル「李香蘭」からのメッセージ

そして祖父が満州で働いていたこともあり、父と二人でふらっと訪れてみたくなったのです。親子三代同じ土地に足を踏み入れたことだけで感慨深いものがありました。

ですので、研究のためだとか何かの真実を確かめるために行ったわけではないのです。大気汚染のせいなのか(!?)綺麗な写真も少ないですが、これから中国東北部へ旅行される方の手助けになれるようなサイトにしたいと思っております。

※ 満州に関しての深い知識はございません
最近満州に興味を持ったので、他のサイトのような専門的な説明はございません。満州に関しての知識は深くありませんが、中国語の話せない私(34)と父(67)の二人でもツアーを使わずに周って来れるということ、そして2016年現在のありのままを一生懸命お伝えしております。

スポンサーリンク

最近のコメント