2016年旧満州のあった現在の中国東北部への7泊8日の弾丸旅行の全貌を公開しています

ハルビンの聖ソフィア大聖堂は、人気観光地でもつまらなかった

【聖ソフィア大聖堂】
移動:中央大街から歩いて10分
入館料:20元

聖ソフィア大聖堂は、ハルビン観光で検索しても人気スポットとして必ず出てくるほど有名な、ハルビンの代表的な欧風建築物です。ガイドブックにも非常に大きく記載されておりました。

ロシア建築が並ぶ中央大街から歩いて5分くらいの場所に位置しております。到着すると一目で素晴らしい建築物だということが認識できます。当時の雰囲気をしっかり残している重厚な佇まいです。

つまらなかった理由

しかし周囲には巨大な百貨店やホテルなどの高層ビルに囲まれていて、聖ソフィア大聖堂の前には小さな広場があるのみです。

聖ソフィア大聖堂 広場

そして目の前の広場に人多すぎです。憩いの場という空間を優に超えています。ただの人だかりでした。中国人の家族やカップルがひしめき合っていて、全く興がありません。子供用のパンダのミニカー乗り場もありガヤガヤうるさいです。

とてももったいないです。広い公園にポツンとあれば、もっと神聖な部分を感じることが出来たと思います。狭い東京の寺社仏閣でも、ここまでむき出しの建築物は見たことがありません。ロシアの建物だからぞんざいに扱われているのでしょうか。

聖ソフィア大聖堂の館内

聖ソフィア大聖堂 館内

聖ソフィア大聖堂の館内にも入ることができます。日本語表記はありませんので、写真を見たり、聖ソフィア大聖堂の内観を見て楽しみます。以前のこの建物の周りには何もなかったようで、美しかったですし、威厳がありました。

昔のハルビン駅などの写真もあったので、館内の方が楽しめました。

聖ソフィア大聖堂を見下すビル群、多すぎる人口密度が、この観光スポットをダメにしていると思いました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

最近のコメント