2016年旧満州のあった現在の中国東北部への7泊8日の弾丸旅行の全貌を公開しています

中国・ハルビンでの反日感情について。「日本人は帰れ!」

ハルビンの反日感情

今回の旅行で、ハルビンにいた時に少なからず反日感情を感じたので、詳しく書いてみようと思います。

2016年現在、ほとんどの都市で中国人と変わらぬ対応を受けてきたので、ハルビンでは少し戸惑いました。そしてネットなどで様々な情報を手に入れることの出来る若い人の中にも、それを感じたことに驚きました。

その1、日本人は帰れ

ハルビンの中央大街のラーメンチェーン店へ入った時のことです。「正宗蘭州ラーメン」という店でした。言葉がわからないので、メニューに書いてある文字を指さし、注文に手こずっていると、中から30代くらいの若い店長が現れて、多くのお客さんがいるにも関わらず「日本人は帰れ」と言ってきました。私たちもビックリしましたし、周囲のお客さんも同調するよりは驚いていました。その後、店を出てからイライラが蒸し返してきました。

その2、「日本人だ」

ハルビン駅近くの文具屋さんに行った時、話しかけてきた店員に、手振りで言葉がわからないことを伝え、商品を見ていたところ、その店員が明らかな嫌悪感を持った声で「日本人だ」と他の店員とコソコソ話していました。聞こえないフリをしていましたが、北野武ばりの「ファッキンジャップくらいわかるよバカ野郎!」と言いそうになりました。

その3、日本人はダメ

中国の観光スポットではいたるところで60歳以上は半額という表記を見かけます。そのことから67歳である父は、常にパスポートを提示して半額にしてもらっていました。しかしここハルビンの東北虎林園では、「日本人はダメ」と通常料金を取られました。この施設のルールなら仕方がないのですが、今までこのようなことがなかったので、窓口の人間の判断ではないかと疑ってしまいました。

別に、どれも大したことではないのですが、こういうことが重なると、それ以外の普通に接してくれる場所でも嫌悪感のようなものが拭えないのです。ハルビンにも、気持ちの良い人間や親切に道を教えてくれる中国人もたくさんいましたので。

ハルビンの人は、なぜか「日本人だ」と認識している

そして一番気がかりだったことが、言葉が話せないとわかると、すぐ日本人だと認識するところです。漢字を使ったりしていないのにも関わらずです。他の都市では「日本人?」とか「韓国人?」とか色々聞いてくるのですが、ハルビンでは「日本人だ」と即座に認識しているのです。それが不気味でもあります。

道を聞かれた時にも、話せないと手振りで伝えた際、「日本人か」と言われましたし、東北虎林園の動画でも「日本人だ」と言われています。

それが変な嫌悪感を感じる一番の理由でした。

731部隊伊藤博文暗殺現場などがあり、若いうちからしっかり反日教育をされているからでしょうか。

日本人観光客や仕事で来る人が、他の中国東北部の都市(大連など)よりも少ないことにより、今の日本人とあまり接していないことも原因かもしれません。

人種差別について

ラーメン屋であからさまな人種差別を受けた時、今までにないような嫌な感覚を味わいました。ジワジワと変な怒りが湧いてくるような感覚です。

私の態度が気に入らないというなら理解できるのですが、どうすることも出来ない「人種」で判断されることにより、感情をうまく解放できないからだと思います。

このハルビンのラーメン店長がくそ野郎であったことに違いはありません。

ただ逆の立場になって、日本がしてきたことを中国にされていたと考えると、しかも近い親族が何かしらの被害を受けていたなどの場合、私にもひょっとしたら差別的な感情が湧いてくるのかもしれません。

このような出来事は、人生で絶対にないことだと思っていましたので、今となってはとても良い経験をしたと思っております。

今まで「人種差別」のニュースなどを見ても特に興味は持ちませんでしたが、自分がされた時の気持ちを経験出来て、重大な問題であると認識を改めました。

私はもともと差別主義者ではないのですが、これからも人種や立場で人を判断するような人間にはならないようにしようと固く誓いました。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • H.K
    • 2017年 4月 15日

    そうでしたか、残念です。当方の妻はハルビン人なので、たまにハルビンに行きますが、通常はそういう事は少ないとは思いますが、無いわけではないですね。
    当方もハルビン滞在中、妻から、「日本語で話す時は大きな声では話さないでね。日本人が嫌いなハルビン人もいるから」と言われた事があります。
    更に、昨年5月にハルビンの太陽島に行った時、島内を巡る乗り物で巡ったのですが、その乗り物には、台湾人と我々日本人が乗っていたのですが、その従業員の一人が「君たちは、何処から来たのか?」と訊いてきました。台湾の一人は「台湾から来ました」と中国語で答えました。私達は、片言の中国語で「日本から来ました」と答えました。すると、台湾人には、「よく来た。台湾は良い所だ」と言いましたが、我々には、けっという顔をして、そっぽを向いてしまいました。
    ハルビンには昔は多くの日本人が居たと思いますが、現在のハルビンに住んでいる日本人は、本当に少ないと思います。
    従って日本の航空会社は就航していませんよね。
    そこは、大連とは同じ中国東北でも大きく違う部分かも知れません。
    筆者の方も言われるように、現代のハルビン人は、日本人と接する機会が少ない為、日本の良い部分を余り知らないのかも知れませんね。
    最後に、これに懲りず、ハルビンの事情を理解した上で、またハルビン旅行を楽しまれる事を希望致します。

      • manshu
      • 2017年 4月 17日

      H.K さん

      コメントありがとうございます。

      ハルビンによく行かれるということで、生きた意見は大変参考になります。
      やはり奥様が言うように、少なからず日本人嫌いがいるのですね。

      私は今まで中国の様々な都市へ観光しました。辺鄙な田舎の町に行ったり、ウルムチまで行ったりもしたくらいなのですが、日本人蔑視を受けたのはハルビンだけでした。

      そう考えるとハルビンは歴史的背景の影響が強いのかもしれません。

      正直に言うと、この都市だけは「また行きたい」とは思えません(笑)

    • 匿名
    • 2017年 7月 28日

    嫌な気分になる場所にわざわざ行く人はいないですよね。
    反日云々より民度が低いとしか思えないですね。

      • manshu
      • 2017年 8月 07日

      匿名さん

      コメントありがとうございます。

      確かに楽しいだけが旅行という考えの方にはお勧めできませんね。

    • 日本人
    • 2017年 8月 12日

    大変興味深く読ませて頂きました。実際に人種差別を受けた時のショックは本当に大きいですよね。
    でも、外国、特に他民族国家では結構良くある事で、日本が結構特殊と言うか、極めて少ないのです。(日本にも琉球人アイヌ差別等あった様ですが) 私は生涯3度日本人差別を経験しました。
    最初は10代の時 アメリカ南部の保守的な地域にて。この時のショックは本当に衝撃的でしたし、現代において黒人差別も少なからずまだ解決されてない地域がアメリカに有ると言う事実にも驚きました。
    2度目は韓国出張の際ソウルの永年良好な取引をしていた会社の社長が私と同行した在日韓国人のスタッフに向けた言葉で、単価交渉の際’お前は韓国人なのになぜ日本人の為に俺に値切るのか?この裏切り者!’と言ったそうで、それまで本当に良好な関係だった人の闇の本心を知り驚愕しました。
    そして3度目は数年前中国広東省です。尖閣の問題で反日感情がピークだった時期の出張で、内容を書くと長文になる程の経験をしました。私もあなたと同じく、この経験から自分は絶対にどんな人種にも差別はするまいと心に誓いましたが、これだけの経験をすると、逆に差別返しをしたり、相手国全体を憎んでしまう人もいるだろうなと心配になります。それと、日本のメディアも相当無責任で悪だと思います。煽る時は煽るだけ煽って、沈静化するとスルー。ネットとかわらない。 長文になりすみません。 

      • manshu
      • 2017年 8月 12日

      日本人 様

      コメントありがとうございます。

      日本人様は幾度もそういった経験をされているのですね。やっぱりアメリカや韓国でもあるんですか。結局どこ行っても差別はあるのかと思うと残念です。

      私の考えでは日本でもあると思いますよ。中国や韓国ってだけで嫌悪感示したり下に見るような日本人が普通にいますからね。最近も日本の居酒屋で韓国人だから店を追い出されたというニュースやってました。。。

      宇宙人でも攻めてくれば、一致団結するかもしれませんね(笑)

    • ton・・・
    • 2017年 9月 05日

    お互い、バツ1の夫婦ですがひょんな事で妻は哈爾濱道街区生まれのおばさんを貰ってしまいました・・・。
    結婚7年目ですが、今まで数回 彼女の実家に訪中しました。
    両家の親戚に紹介されましたが、姉の夫の友達に一度、食事会で南京大虐殺の件で嫌味を言われましたが後は母方の
    小学校国語の先生をしてる40代の女性にツンとされた以外は目立って嫌な思いは有りませんでした!
    旧正月に行った時に親戚一同が集まった宴会で市政府の仕事をしてる男の人と酒を飲み過ぎて一緒に馬鹿騒ぎをした以来、何か打ち解けたらしく訪中する度、笑顔で接してくれます・・。
    義父は84歳で戦争下の経験も有るだろうに私には色々と気を使ってくれます!・・一緒に朝市に買い物に付き合って居ましたが支払いをしようとすると何時も止められ自分で払います。帰り際に無理やり500元をポットに突っ込んだら返そうとしますが無理やり受け取って貰います・・。
    基本的に地方の教養の無い人達は政府の偏った日本教育を鵜呑みにして日本人を嫌いますが、都市部の人達は情報が入り易いのか政府を信用して居ません・・・。下部の教養の無い人だけ情報過疎の人は都市部でも反日なんでしょうね・・。銭湯に独りで行った時にロッカーの鍵が閉まらなくてガチャガチャしてた時に大声で此方に何か言って来たけど言葉が解らず無視してたら其のままでした・・。
    因みに送り迎えの親戚が哈爾濱市政府の課長級の人でしたが、感じ良かったですよ・・!
    何処の国民でも色んな人が居ます・・。対応する人間が教養有るか無いかで全然 態度が違います!!
    3.11大地震の時だって本気で心配してくれましたよ!
    ただ、哈爾濱で思った事は貧富の格差があまりにも大きい事です・・。哈爾濱郊外を何度かアウディーとホンダの日本車で案内してくれた親戚は日本軍の暗部地は意図的か如何かは分かりませんが避けてくれました・・・。
    思い遣りか如何かは言葉が解らないので知るよしも無い・・・・。

      • manshu
      • 2017年 9月 07日

      ton・・・様

      コメントありがとうございます。

      ハルビン生まれの奥様がいらっしゃるということで、本当に詳しくハルビンのことを書いてくださり感謝いたします。

      教養の有る無しで反日感情や差別などが大きく変わってくるという部分は私もそう思います。事実私がハルビン観光した際もホテルなどでは一切差別などはありませんでした。嫌な思いをしたのは飲食店やお土産屋などです。

      また、ton・・・様のお義父さんなどのように、近い人間には一際親切にしてくれるのもまた中国人ですよね。私の中国人の友人は、私が上海旅行に行った際にはそれはそれは親切にしてくれました。

      ハルビンにおいては貧富の格差など簡単でない問題も多いですが、少しづつでも良くなってくれれば嬉しいです。

    • 中国探検隊ひとり
    • 2018年 4月 07日

    数年前から中国にハマり、毎年4〜5ぐらい訪中しています。今まで差別的なことはありませんでした。南京でも。
    来週から始めてハルビンに行きますが、このお話を聞いて、俄然楽しみになってきました。いま書いている場所は、埼玉県西川口の中国料理店で、なんと主人はハルビン人との事。この話をすると主人は、大丈夫、どこにでもそういう人はいる、日本にも、アメリカにも。と
    ぜひ、日本嫌いの人と会ってみたいです。そして、そこからスタートです。
    ステキな体験談ありがとうございました。

      • manshu
      • 2018年 4月 24日

      中国探検隊ひとり 様

      コメントありがとうございます。

      うわー、すごい好奇心旺盛な方ですね。そういった非日常は楽しいですが私は反日感情だけはもうこりごりです。

      中国探検隊ひとり様は楽しいハルビン旅行にしてください♪

    • mao
    • 2018年 4月 12日

    ハルビン出身の留学生がいたけど、彼女は日本大好きでしたけどね。

      • manshu
      • 2018年 4月 24日

      mao様

      コメントありがとうございます。

      日本に留学に来る方で、日本嫌いはなかなかいないと思います。

    • 2018年 5月 03日

    この現象は確かにあります。
    中国全国と比べて黒竜江省の教育ラベルはちょっと低いせいか、外国人に対するイメージは固いです。
    多くの人は戦争ドラマとか間違えニュースとかからの影響を受けたからです。

      • manshu
      • 2018年 5月 04日

      石 様

      コメントありがとうございます。

      そうなのですね。以前1か月ほど中国全土を旅行したことがあるのですが、私は「教育レベル」と「差別感情」は関係ないと思っています。なぜならその旅行では、貧しそうな人も田舎の人も日本人である私にとても優しく接してくれたからです。

      しかしハルビンでは他の地域ではあり得ないような対応をされました。たまたまなのかもしれませんが、この記事には実際にされたことを書いています。

スポンサーリンク

最近のコメント