2016年旧満州のあった現在の中国東北部への7泊8日の弾丸旅行の全貌を公開しています

中国旅行へ行く際にブックマークしておくべきWEBサイトを厳選!

現代の中国では、PCやスマホを利用できる環境が非常に増えてきています。そこで、旅の途中に役立つWEBサイト4種類を厳選いたしました。どのサイトも非常に便利で実際に役に立ちました。

その1:航空券を予約したサイト
(オンライン予約した場合のみ)

搭乗便の名前や搭乗時間、飛行機に乗るまでの流れをスムーズにするための情報が詰まっています。

his

私は格安航空券の定番「HIS」を利用しました。

⇒ HISには他にはないメリットがあるからです!


その2:海外ホテルオンライン予約サイト

expedhia 楽天トラベル

日本で予約したホテルのチェックインをスムーズにでき、さらに現地のホテルの地図も検索できます。

そして何より、中国国内で次に泊まるホテルを予約できることは、個人旅行者にとって最大のメリットです。
当日飛び込むと、泊まりたいホテルに空きがない場合や、足元を見られて高額な部屋を用意されたりするからです。

初日以外のホテルを現地で予約することにより、旅の自由度が増すので絶対に登録しておいてください。

グレードの高いホテルに泊まる予定があるならば、Expediaをおすすめします。どこよりも安く宿泊できることはもちろん、航空券とのセットで数万円安くなることもありますので要チェックです。

今回私は、安いホテルも取り扱っている楽天トラベルを利用しました。最初に泊まった旧ヤマトホテル(散々でしたが)などの小~中規模のホテルも取り扱っていたのが利用した理由です。

以上のExpedhiaと楽天トラベルは、大連・瀋陽・長春・ハルビンのホテルを豊富に取り扱っているのでお勧めです。

普段使い慣れている海外ホテル予約サイトがある場合にも、中国東北部のホテルが充実しているか一度チェックしてみてください。

エクスペディア 大連楽天トラベル 大連


その3:中国の鉄道サイト「铁路客户服务中心」

teturo

これは必須のサイトです。とにかく中国では電車のチケットを取るのが大変でありますが、何月何日の自分が乗りたい時間の電車の空き情報、所要時間がオンライン上で知ることができるからです。中国国内で電車に乗る方には必須の便利サイトです。

⇒ 鉄道サイトの便利さと使い方をご説明しています


その4:YAHOO!JAPAN

yahoo

以前中国へ行った際は、重くて重くて利用できなかったYAHOO!JAPANが2016年現在の中国東北部ではサクサク利用することができました。

中国においてはGoogle、twitter、Facebook、Instagramなどが利用できません。

さらに最近利用者の多いLineも利用することができないのです。amebaブログ、ビッグローブなど日本のサービスは利用できました。

なので日本の検索エンジンを使え、ニュース情報もわかり、メール機能も兼ね備えているYAHOO!JAPANは中国ではオススメです。

 
中国でのスマホ利用やWIFI環境について

wifi

スマホを利用している方は、いつでも必要な情報をスマホで確認できるように、出発前の日本や現地のWIFIのある環境で、スクリーンショットや写メを撮っておくと後々とても便利です。

なお、ほとんどのホテルがパスワードもないフリーWIFIでした。いざとなったら大きいホテルに近づいてWIFIをお借りするのもいいかもしれません♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近のコメント