2016年旧満州のあった現在の中国東北部への7泊8日の弾丸旅行の全貌を公開しています

中国での電車・新幹線(高速鉄道)の切符の買い方@当日変更も可能

中国での電車・新幹線(高速鉄道)の切符の買い方をご紹介いたします。

駅で切符を買う場合

中国では切符を購入するのが大変ということを、よく耳にするかと思われます。

それは本当です。まず、切符売り場には大行列があり、割り込みを阻止しながらようやく窓口へたどり着くことができます。

そして買いたい列車番号と、どこからどこまでを描いたメモを見せても、もし空きがなかった場合、中国語が話せない観光客の場合、とてもアタフタしてしまうからです。また早く買わないと、後ろに並んでいる中国人もやんややんやと言ってくることがあります。

中国の切符

現在では、ダフ屋対策として、切符に本人の名前が記載されるようになったため、以前よりスムーズに購入できるようになりました。

電車の切符購入に必須の便利サイト

そこで、すごく便利なのが中国鉄路のサイトです。
中国鉄道サイト

このサイトは、場所と日付を入力すれば、その条件に合った列車を全て把握できます。そして空席の数や値段もチェックすることができます。こちらに使い方など詳しく記載していますので、チェックしてみてください。

⇒ 中国の乗りたい電車をチェックできるサイトの使い方

ここで、しっかりとチェックしてから駅の切符売り場へ行けばアタフタすることもなく、列車番号を記載したメモパスポートを見せれば、スムーズに切符を購入することができます。

代理の切符販売店

そして、実は駅以外でも電車の切符を買うことが出来ます。中国の都市には必ずあるのですが、「售票処」という場所です。

中国の切符 代理販売所
ここは、中国鉄道と連携している代理の販売所なのです。售票処の付いているホテルもありますし、ホテルのスタッフなどに「售票処」と書いたメモを見せれば近くの売り場を教えてもらえます。デパートや商店街など様々なところにあります。「代售処」「火車售票処」などと書いてある場所もあります。

この「售票処」では、5元の手数料がかかるのですが、
駅まで行って行列に並んで購入する以上の価値は確実にあります。

しかし一度購入した切符は、售票処では変更が出来ませんので気を付けてください。変更する場合には、駅へ行かなければなりません。

中国の電車の切符を当日変更する方法

中国の電車・新幹線(高速鉄道)の切符を前日または当日に変更するには、最寄りの駅に行くことになります。

改簽窓口

そして「改簽」と書かれている窓口へ行き、一度限り無料で変更することが可能です。購入した切符よりも早い便でも遅い便でも、座席に空きがありさえすれば変更できます。

例:「4月15日 G720 ⇒ 4月16日 G722」などのようなメモを見せれば問題ないと思います。

キャンセルの場合は手数料がかかります
中国の電車の切符を取り消す場合には、キャンセル料および手数料が発生します。

出発の48時間以上前ですと5%+手数料
出発の24時間~48時間前ですと10%+手数料
出発の24時間以内ですと20%+手数料
そして出発後ですと、全額没収となります。

※以前、私が乗りたかった電車に遅れてしまった時に、窓口の人にお願いしてみたら、出発後でも、次の空いている列車に変更してもらえたこともあります。そのへんは駅員さん次第なのかもしれません。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 通りすがり
    • 2018年 9月 16日

    今はctripで予約する方が日本語対応もしているので便利だと思います。
    webだけではなく、スマホアプリもあるのでサクッと行けますよ。

      • manshu
      • 2018年 9月 28日

      通りすがり 様

      コメントありがとうございます。

      今はそんなに便利になったんですね。
      僕が最初に中国に行った8年前くらいは切符を買う事が戦争のようだったので(笑)

      次行くときは絶対スマホ予約してみようと思います!

スポンサーリンク

最近のコメント