2016年旧満州のあった現在の中国東北部への7泊8日の弾丸旅行の全貌を公開しています

侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館が超現代的にリニューアルされていた

【侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館】
移動:ハルビン市街からタクシーで1時間以上
入館料:無料

七三一部隊の跡地でもある「侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館」は、事前に調べていたものと随分違いました。2015年にリニューアルされており、超近代的な建物でした。

事前情報ですと14時半までの入館だったのですが、現在は15時半までに入館すれば大丈夫のようです。入場料も無料になっていますがパスポートの提示は必要です。

ここで、平頂山惨案遺址記念館九・一八歴史博物館を思い出します。これらの施設も綺麗にリニューアルされていました。

※ここ数年で反日関連の施設に何かしらの大改革があったのでは、と推測してしまいます。現代の中国に都合に合わせたのか、バブルで景気が良いうちに建て替えたのかはわかりませんが、ここも近代美術館のようにリニューアルされていました。

侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館 入口

そして驚いたのが、入場する前の厳戒すぎる程の警備態勢です。空港さながらの探知機があり、ライターや飲み物は全て没収のようです。リュックにもう1本水が入っていたのですが、素通りできました。後で何か言われるのも嫌なので自己申告しましたが、あいかわらず厳しいのか緩いのかわかりません。おそらく見かけだけ「これだけやってるぞ!」感を出しているのだと思います。

陳列館へ入館

そして侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館へ入場すると、郊外にも関わらず多くの若い中国人が来館していました。

クオリティが高く、誰もが見やすいように「無料」という、反日施設のお馴染みのパターンです。新設×ハイクオリティ×無料=「中国が力を入れている」の法則です。

731部隊博物館

ここは、日本語表記がありませんでした。ただ写真やVTR、ハイクオリティのジオラマを見てれば嫌でも理解することはできました。

731陳列館内

聞いた話では、日本語ガイドを200元で付けることができるらしいです。しかしこの中国人だらけの圧倒的アウェイな状況で、残酷なシーンを事細かにガイド付きで説明されたくないので、日本語ガイドは探しませんでした。

731部隊陳列館 人体実験

ちょっと意味わからないくらいがちょうどいいくらいの内容です。動いているネズミが床一面のモニターに映っていたりもしていました。これでもリニューアル前の旧館と比べると表現が穏やかになっているそうです。

731部隊 証拠

とにかく、中国側が主張する歴史が延々と並べられておりました。細菌兵器や人体実験などの説明に加え、出来る限りの物証を並べています。

VTRでは日本人の証言が流れていたり、日本人でも七三一部隊の非道を証明しようとしている弁護士などは称賛されているようです。

深い知識のない私ですが、中国東北部をあちこち旅して実際に七三一部隊跡地まで足を踏み入れて、感じたままのレポートを書いてみました。

⇒ 「おそらくやっていただろう。」

七三一部隊跡地へ

陳列館の外へ出ると、日本軍が破壊し尽せなかった施設の残骸が残っています。

731部隊跡地 実験室

周囲が広場のようになっているため(現在もいろいろ発掘途中)、ゆったり散策できますが、どこか禍々しいオーラ出ています。

731部隊跡地 研究室

真実がどうであろうと、当時の雰囲気はビンビン伝わってきます。なんとなく研究員の働いていた姿もイメージ出来ました。写真では不気味な感じがすると思いますが、間違いなく不気味です。

最後に

ここに訪れている多くが中国人の若い方でした。そしてこの陳列館を見たら、日本のことが嫌いになってしまうだろうなと思うと切なくなりました。

私がハルビンで感じた反日も、こういう場所から生まれている可能性も少なからずあると思いました。

旅の終盤で、大変気持ちが重くなる観光スポットへ来てしまいましたが、ここも来たことは後悔していません。色々なことを学べましたし、普段では出てこない感情を味わうことが出来たからです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

最近のコメント