2016年旧満州のあった現在の中国東北部への7泊8日の弾丸旅行の全貌を公開しています

成田空港から大連周水子国際空港へ!搭乗手続きや搭乗時間について

初めての方は時間に余裕を持って

成田空港には飛行機の出発時間の2時間前には到着しておきます。慣れている人は別として、それくらい余裕がないとアタフタしてしまいます。

今回、私が利用したHISから送られてきた「e-チケット」の情報を確認して、チェックイン⇒手荷物検査でキャリーバッグ、スーツケースを預け、1時間ほどの余裕がありましたので、カフェや本屋で買い物をして時間を潰していました。

搭乗口へ入れるのは、出発の40~50分前です。出国審査と手荷物検査を受けます。その際、水分の入った物やライターなどは没収されますので、そういったものはスーツケースなどに事前に入れておいた方が良いでしょう。(私は手荷物の中にライターが1つ入っていたのですが、今回は大丈夫でした。そういう時もあるようです。)

成田空港 第1ターミナル

出発の30分前くらいには搭乗口の前に着きました。ここまで成田空港には様々な国の人たちがいて、良い雰囲気だったのですが、大連行きの場所では、もちろん中国人が多くなり、寝転がっている人やスマホで音出して遊んでいる人など、急にマナーが悪くなったのが面白かったです。これから中国に行くんだなという気持ちにさせてくれると同時に覚悟をいたしました。

予定通りに出発して、成田から大連周水子国際空港まで3時間ちょっとで到着しました。日本と中国の時差はほぼ1時間くらいで、日本時間の14時が大連では13時という感じです。

IPHONEなどをお持ちの場合は、自動的に現地時間になります。(IPHONEは国際電話も出来ますし、ネットも利用できるので大変便利です)

nyukoku

機内では「入国届」を記入します。到着してからでも大丈夫ですが、機内で暇な時に書いておいた方が到着してからがスムーズです。⇒ ガイドブックに書き方の記載あります。

到着後は入国審査を通過し、預けておいたキャリーケースなどを受け取れば、無事に中華人民共和国へ入国です。

中国でのお金(人民元)をお持ちでない方はすぐに換金両替所へ行き、必要な分だけ両替してもらいます。※注意 空港では両替のレートがとても悪いです。大連市街まで使う分くらいが良いでしょう。私は2人で2万円程度でした。

⇒ 人民元の両替のレートの違い

大連周水子国際空港は、とても綺麗で快適でしたが中国の検査官や空港職員の方が明らかにピリついているので、中国へ来たなぁという感じがします。

まとめ:時間の余裕があれば大丈夫!

何度か国際線を利用していますが、「e-チケット」及び航空券、パスポートがあればなんとかなります。後は何するか職員に聞けば全て教えてもらえます。時間の余裕さえ持っておけば、何も考えてなくてもスムーズにいくように出来てます。忘れ物だけは注意してください。

 
⇒ 次のページは旅順・大連です

【旅順観光】空港から大連市外へ行く前に少しだけ。行き方に戸惑う・・・

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 多忙な閑人
    • 2017年 8月 12日

    時差は逆でしょう。日本の方が1時間進んでいます。

      • manshu
      • 2017年 8月 12日

      多忙な閑人様

      逆になっておりました(>_<)ご指摘ありがとうございます! 早速修正させていただきました。

スポンサーリンク

最近のコメント