2016年旧満州のあった現在の中国東北部への7泊8日の弾丸旅行の全貌を公開しています

【旅順観光】空港から大連市外へ行く前に少しだけ。行き方に戸惑う・・・

中国へ来て、まず感じたことが空気の悪さです。事前にわかっていたことですが、明らかに実感できる悪さです。特に発展が目覚ましい中国東北部はPM2.5のレベルが非常に高いようなので、心配な方はマスクが必要です。

大連空港から直接「旅順」へ向かいます

大連周水子空港で諸々の手続きが終わったのが14時頃でしたので、軽い気持ちで旅順へ向かいます。2015年に開通したらしい地下鉄や路面電車に乗って向かいます。「旅順」というメモを見せ、そのへんの人に聞きながら適当に行きました。

地下鉄・路面電車

しかしそれが大失敗でした。満員の路面電車は乗るのも降りるのも大変で、気づいたら1時間以上がたち「黒石礁」という場所に。ここでついに行き詰ってしまい、タクシーを拾います。

<二〇三高地>

時間があまりないので、二〇三高地へ直接行ってもらいます。タクシーを拾った「黒石礁」から40分ほど広い道をガンガン飛ばしながら向かっていましたので、「旅順は思っていたよりも遠かった」ことを実感します。80元もかかりました。
203高地 記念碑

急な坂を上りきった先には、旅順を見渡せる絶景がありました。
日露戦争の歴史を感じることの出来る人気観光地です!

⇒ 二〇三高地観光、、、カノン砲見忘れる大失態!

何とか旅順で一番行きたかった二〇三高地には行くことが出来て良かったのですが、「旅順は1日かけないと無理」と悟りました。

旅順観光

旅順には「旅順駅舎」「水師営会見所」「旅順東鶏冠山北堡塁」などの人気観光地に加え、マニアな満州スポットもたくさんあるらしいので次回はしっかり一日かけて行きたいと思いました。

帰りもタクシーを利用します。旅順から大連市街まで1時間以上もかかり、150元もしました。

<大連・旧ヤマトホテル>

大連賓館 ヤマトホテル

宿泊したホテルは大連賓館という旧ヤマトホテルです。満州国時代に建てられた高級ホテルです。しかしここに大きな落とし穴が・・・。

⇒ 100年以上の歴史を誇る大連賓館でまさかのトラブル!

もう夕食の時間なので、ホテルの人に聞いて近くの繁華街を教えてもらいます。しかしガイドブックにも書いてあるような繁華街にも関わらず廃デパートのようなものが多く、ひっそりしていて不気味でした。おそらく大連は今、再開発の途中なのでしょう。

しかも飲食店を見つけてもチェーン店のような店ばかりです。なので人民広場の裏にある汚いラーメン屋へ適当に入りました。しかし美味しくはありませんでした。

大連 刀削麺

ラーメン屋などを見ても、以前中国へ来たときより明らかに物価は上がっていると感じます。各都市のお店で、メニューに新しい価格のシールが上書きされていました。人民元の価値が上がっていたり、急ピッチな経済発展の影響がこのようなところに表れているのだと感じます。

とにかくこの日は、旅順への行き方に戸惑い、ホテルも散々で、飯もまずい、空気も悪く、初日からクッタクタになりました。

攻撃的な車の運転威圧的な話し方の中国人に面喰い、

中国の洗礼を受けた一日でした。

 
⇒ 次のページは大連~丹東~瀋陽です

【丹東観光】新しい高速鉄道のおかげで大連~丹東~瀋陽を一日で行く!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 多忙な閑人
    • 2017年 8月 12日

    水師営会見所もレプリカです。タクシーはホテルで頼まないと危険です。

    • manshu
    • 2017年 8月 12日

    多忙な閑人 様

    コメントありがとうございます。

    私はレプリカだろうとしても、少しでも当時の雰囲気を感じることが出来るならば行きたかったですね。貴重なご意見ありがとうございます。

スポンサーリンク

最近のコメント