2016年旧満州のあった現在の中国東北部への7泊8日の弾丸旅行の全貌を公開しています

福陵(清朝太祖ヌルハチの墓)瀋陽郊外の素晴らしき世界遺産!

【福陵(清朝太祖ヌルハチの墓)】
移動:瀋陽都心部からタクシーで30~40分くらい
入館料:40元 ※60才以上は半額

福陵は瀋陽中心部から少し離れた郊外に位置しており、張氏帥府博物館からでも30分以上はかかります。満州関連の観光スポットでもなく遠いので今回は外そうか悩んだのですが、やはり世界遺産ということもあり、行ってみたのが大正解でした。

福陵では気持ちの良い散策ができます

瀋陽郊外にあり、広い公園の一部となっているので、日々の都市の喧騒を忘れさせてくれるのもプラス要素でした。

福陵 広場

まず、ヌルハチの墓がある頂上までは、入り口から20分くらいはかかります。風水の上で、縁起の良いとされている「108」段の階段を登った丘の上にあるのです。(一部バリアフリー化されていて108もなかったように思いましたが。)

福陵 階段

郊外ということもあり観光客が圧倒的に少ないことも魅力の一つです。広くて美しい世界遺産の空間を散策できる喜びがあります。

頂上へ到着すると、それはそれは素晴らしい宮殿が待ち構えております。

福陵 頂上

建物の屋根は全て黄色で統一されており、女真族っぽさが存分に味わえました。日本の寺社仏閣では見たことのない色使いです。

また、松や桜、コブシなどの木々に加え、庭園も丁寧に管理されており、全体を通してのクオリティが非常に高いです。

福陵 宮殿

まるでアートを見ているような感覚に襲われて時を忘れてしまいます。それら全てを城壁の上から眺めることができたのも良かったです。

そしてその先にある小さな丘がヌルハチのお墓です(おそらく)。数名の地元の人たちが、そのお墓のある丘でニラなどの山菜を採っていたのが微笑ましかったです。

ヌルハチ陵墓

入場から頂上のお墓まで全てに一体感があり本当に素晴らしかったです。

世界遺産なのに人が少ないという、個人的には瀋陽の超おすすめ観光スポットと言えます!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

最近のコメント