2016年旧満州のあった現在の中国東北部への7泊8日の弾丸旅行の全貌を公開しています

長春の人気料理店「吉祥軒」で吉林料理のまろやかな味を堪能!

【長春・吉祥軒】
移動:人民広場から歩いて5分くらい
食事代:2人で200元くらい

長春の吉林料理

吉祥軒は「吉祥飯店」というホテルに入っている長春でも人気の中華料理店です。特に吉林料理を食べることが出来ることで有名で、キノコなどの山の幸を多く使うことが特色です。

吉祥軒に到着すると親切な店員さんが、ipadのようなタブレット端末のメニューを見せてくれます。操作は全て店員さんがしてくれるので安心です。ホテルの中にあるレストランなのでサービスがとても丁寧でした。

メニューの中にある「吉林料理」の項目から選ぶのですが、かなりの種類があって迷ってしまいましたのでオススメメニューを教えてもらいます。

吉祥軒おすすめの吉林料理

ここでは「肉まん」「鳥の揚げ物」「豆と野菜のスープ鍋」をビールとともに注文します。

混んではいないのですが、注文してから少々時間がかかっていたので、厨房では一からしっかり作っていることが窺えます。

まず「肉まん」が出てきたのですが、なんと8個もあってびっくりしてしまいました。ふかふかで美味しいのですが、全部は食べきれませんでした。

続いて「鳥の揚げ物」と「豆の野菜のスープ鍋」が来ます。
どちらも店員さんオススメの吉林料理です。

長春 吉祥飯店

「鳥の揚げ物」は酢が想像以上に効いていて、疲れた体に沁みわたりました。もう少し酸っぱくない方が美味しかったです。そしてこれもかなり大盛りで全て食べきれませんでした。

「豆と野菜のスープ鍋」は、まさに吉林料理という感じで山の幸がふんだんに使われていました。どこの中華料理でも食べたことのないまろやかな味わいです。野菜はたっぷりで、牛か豚のコラーゲンの部分が入っているので旨みもしっかり出ていました。※写真では美味しそうに撮れませんでした。

長春 吉林料理

スープの方は、おそらくなのですが「緑豆」をベースとしているのではないかと思いました。タイ料理の緑豆の汁物に風味がそっくりでした。香り高く舌触りがとてもまろやかなので、日本人好みの味だと思いました。

吉林料理で有名なキノコ類も豊富に入っているので、食材のバランスも良いので、この鍋だけでも良いくらいでした。

帰りに、肉まんを持ち帰り用に包んでくれました。こういったきめ細やかなサービスのできる素敵なレストランです。次回はディナーでも来てみたいと思いました。2人で食べきれないほど頼んで200元でしたので大満足です!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

最近のコメント